株式会社セーフティネットのEAPを利用しよう

従業員の皆さまのメンタル面のケアをし、企業の向上を図る為の援助をしていく会社が株式会社セーフティネットです。
メンタルヘルスケアに力を入れようとしている企業さんには、株式会社セーフティネットのEAPを利用する事をお勧めします。メンタル面から従業員を支援する制度の事をEAPと言います。
EAPというのは「Employee Assistance Program」の略で1960年代にアメリカでアルコールや薬物依存が多くなり、その解決をする為に出来たものです。これが1980年代には日本に入ってきましたが、1990年代になって心の健康が大切である事を皆が認識してきたので、企業がEAPを導入し始めました。

EAPはメンタルヘルスケアの1つでカウンセリングを中心にしたものです。心の健康を保つ為に2006年には厚生労働省からも指針が出されました。
その1つは「セルフケア」と言って本人がストレスを把握し、軽減していくものです。
2つ目は「ラインによるケア」で監督者が把握し改善するものです。
3つ目は産業医などが対策を行う活動です。
そして4つ目が株式会社セーフティネットのような会社の産業カウンセラー、臨床心理士などを利用するものです。この4つのメンタルヘルスケアが続けて行われるようにしなければなりません。
その為に最近では4つ目の外部のEAPを利用して、職場の環境改善をしたりメンタル面の支援をしたりする企業が増えています。

EAPはカウンセリングが中心なので、内部の人よりも外部の人の方が相談しやすかったり、プライバシーが守られると喜ばれます。
株式会社セーフティネットではメンタルヘルス相談窓口が24時間体制で設けられています。24時間体制というのは株式会社セーフティネットのほか、ごく一部にしかないサービスで、相談しやすい環境になっています。
人は寝付けなかったり早朝目が覚めた時などは普通の昼間と違う思考になる時があるそうです。
警察庁のデータでも自殺者数が夜よりも早朝のほうが多くなっており、相談内容をみても早朝の相談のほうが深刻なものが多いようです。そこで株式会社セーフティネットでは24時間体制での支援が大切と考えて、専門のカウンセラーが昼夜を問わず相談を受け付けています。

従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ事で、職場が働きやすくなっていけば企業の生産性の向上につながって行くものです。これからEAP(従業員支援制度)を考えられるなら株式会社セーフティネットに相談してみて下さい。

PAGETOP